昨日より、旭川駅舎内のステーションギャラリーにて「バウハウスと旭川」展が始まりました。 1919年、ドイツのヴァイマールに設立されたバウハウスは、建築、デザイン、美術を総合的に教育する学校として、その後、デッサウ、ベルリンと拠点を移しながらも、1933年に閉校されるまで近代社会に大きな思想的、実践的影響を与え続けました。14年という短い存在期間にも拘らず、工業化社会における合理主義、機能主義的な考え方を基に、新しい時代の都市、建築、家具および日用品に至る領域で、近代的な「美」を追求した活動は今も輝きを失っていません。  この度の展覧会では、内外の歴史を今一度振り返りながら、これからのモノづくり教育の姿を展望します。